福岡市アジアンパーティプレイベント「DAIMYO MATRIX」

アジアンパーティとは

アジアンパーティは、福岡国際映画祭、福岡アジア文化賞、The Creatorsを中心とした、福岡市で9月から10月にかけて開催される、「アジア」と「クリエイティブ」をテーマとした様々なイベントの総称です。
8/30には、2018年福岡市アジアンパーティのプレイベント「DAIMYO MATRIX」を開催予定です。

DAIMYO MATRIXとは

2018年は『スタートアップ×アート』をテーマに、福岡市アジアンパーティのプレイベント「DAIMYO MATRIX」を8/30(木)に開催。アートとスタートアップの成功や相乗効果の可能性を探るため、30日はトークセッションやライブイベントを実施し、また8/6(月)~プレイベントの連携企画として、福岡にゆかりがあり、活動の幅をイラストや雑誌,Webまで拡げているイラストレーター2名のアート作品を、Fukuoka Growth Next内スタートアップカフェのイベントスペースにて展示しています。

8/30 トークセッションタイムテーブル

テーマ 「都市の進化にアートとスタートアップが同時に機能するとき、フクオカはアジアのハブになる」
18:30~開場、Asian Partyプログラム紹介(動画)
19:00~イントロダクション~挨拶、トークセッション開始
20:00~トーク終了/歓談

登壇者

中村 俊介 氏(しくみデザイン代表)
1975年生まれ。名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら、記号論・インタラクション・ユニバーサルデザインの研究を続け、博士(芸術工学)を取得。2004年九州工業大学HIT センターの立ち上げのため講師として招聘され、翌2005 年には有限会社しくみデザイン設立、取締役CTO となる。2009年に社名を株式会社しくみデザインに変更し、代表取締役に就任。九州工業大学客員准教授。2013年にはインテル社主催のコンテストにて世界一となるなど、アートからビジネスプランまで受賞歴も多く幅広い。UX(ユーザーエクスペリエンス)分野の先駆者として新しいビジネス領域を切り開いており、見ている人が映る参加型のサイネージや、SMAP等アーティストの大規模なコンサートにおけるリアルタイム映像演出など数々の日本初を手がける。

三好 剛平 氏(LOVE FM)
1983年福岡生まれ福岡育ち。ラブエフエム国際放送株式会社にて営業・企画、ウェブ、イベントなど担当。福岡市「まちなかアートギャラリー福岡」ディレクター(10-14)「天神サイト」編成チーフ(11-15)「はかた伝統工芸館」主任(14-15)など歴任、現在はアジア映画の商談会企画「ネオシネマップ福岡」担当(15-)ほか。
業務外では「BOOKUOKA」「10zine」への運営参加(現在はお休み中)ほか、シティリビング誌映画連載「三好剛平のBEST DVD」(11-)、アメコミ映画愛好ユニット「ファンタスティックポップコーンボーイズ」イベント、不定期のDJ活動や熱量たっぷりなKPOPやブラックミュージック関連のSNS投稿など、日々映画・音楽・アートと欲張りに文化を摂取/発信中。

鶴田 正人 氏(ミリア代表)
福岡生まれ,大名小学校卒業。アートマガジン「Wooly」発行人。
2017年よりFukuoka Growth Nextにてアートベンチャー、MILIAをスタートアップ。以降六本松 蔦屋書店のアートコーナーのキュレーションを始め、数々のプロジェクトを世界各地で展開中。またLOVE FM “Fukuoka calling”制作/DJも担当。

モデレーター
●Chingann Tsais 氏/off topic 主宰 台湾 キュレーター、fukuoka calling,wooly magazineコントリビューター
●Peatix Japan 福岡担当 滝沢 光氏

ライブイベントタイムテーブル

【 日 時 】 2018/8/30(木) 20:00 open/start
【 場 所 】 ROOMS(福岡市中央区大名2丁目1-50 大名ONOビル3F)
【 料 金 】 1,500yen (incl. 1drink)
【 出 演 】 ▶LIVE▶COLTECO/the perfect me/TOKOTO PALACE ▶LIVE PAINTING▶トコナミレイナ ▶FOODS▶emerada curry/Son Of a Sandwich
https://asianparty2018-pre.peatix.com/view

FUKUOKA CALLING SPECIAL ART EXHIBITION

アート作品展示

【 期 間 】 2018/8/6(月)~30(木) 10:00~22:00
【 場 所 】 スタートアップカフェ イベントスペース(福岡市中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next 1F)
【 イラストレーター 】  黒木仁史(鹿児島)/ ますだみく(福岡)
※通常イベント開催時は展示は見れませんのでご了承ください。

黒木仁史
1978年 鹿児島生まれ。大阪芸術大学 デザイン科卒業後、デハラユキノリ氏のアシスタントを経てフリーのイラストレーターとなる。2016年にそれまで活動していた福岡から東京へ拠点を移す。
美しく写実的な線と水彩の織りなすエレガントさ、遊び心あるモチーフの組み合わせで、ファッション業界や「GINZA」「GQ JAPAN」「POPEYE」といったファッション&カルチャー誌にイラストを提供する他、ステラマッカートニーのファッションドローイングのショー、EDIFICEとのファッションポートレートイベントの参加など多彩に活躍中。

ますだみく(KADODE)
1995年 福岡生まれ。2016年より活動を開始し、彼女の描くイラストレーションがInstagramなどのSNSを中心に瞬く間に話題となる。彼女の描く様々な恋愛模様を表したイラストレーションが若い世代を中心に大きな支持を集め,以降2018年の現在まで様々な場所:雑誌やウェブサイト、イベントフライヤーやアーティストとのコラボグッズ、岩田屋などでの展示まで数多くの活動を行っており、いまの福岡において最も注目を集め勢いのある若手アーティストと言われている。9月6日に自身初の書籍をKADOKAWAから全国発売予定。
Instagram:moko__to__moko
https://frenel.jp/kadode/illustrator/masuda-miku/

イラストレーター・ますだみく個展 “BOY MEETS GIRL” @六本松・蔦屋書店 同時開催中!


アジアンパーティー 2018の開催を記念し、福岡で注目度急上昇中のイラストレーター・ますだみくの個展を六本松 蔦屋書店で同時開催中!
福岡や九州を中心に最も注目を集める彼女の作品は、大手出版社KADOKAWAから書籍化が実現され、そのほかラジオ番組や大手百貨店のPOP UPイベントなどのイメージビジュアルを手がけています。
今回のテーマは、”BOY MEETS GIRL”。
少年と少女の淡い恋愛をセンチメンタルに表現し、どこか懐かしさも思えるストーリー作品です。
9/6発売「 匂いとか思い出の消し方とかわからないから上書き保存できたらいいのに 」の登場人物たちのアナザーストーリー作品となっています。
作品をご覧になった後、本を読んでいただくとより一層お楽しみいただけます。
六本松 蔦屋書店で、ドリンク片手にゆったりとアートな1日を過ごしてみませんか?
ぜひ、ご来廊お待ちしております。

予約特典ステッカーもらおう!


9/6発売「 匂いとか思い出の消し方とかわからないから上書き保存できたらいいのに 」を六本松 蔦屋書店で予約すると、本引換時に特典ステッカーをプレゼント!
8/16〜30″BOY MEETS GIRL by ますだみく”期間中にご予約された方が対象となります。

ファン待望の書籍化!

「匂いとか思い出の消し方とかわからないから上書き保存できたらいいのに」
9/6~大手出版社KADOKAWAにて発売されます。現在amazonで予約受付中。全国の書店、またはネットにてお買い求めいただけます。
匂いとか思い出の消し方とかわからないから、上書き保存できたらいいのに(Amazon)

ますだみく個展 “BOY MEETS GIRL”

【 日 時 】 2018/8/16(木)~30(木) 7:00-23:00
【 場 所 】 六本松 蔦屋書店 アート展示スペース(福岡市中央区六本松4-2-1 六本松421 2F)
https://store.tsite.jp/ropponmatsu/event/art/3151-1545430815.html

六本松蔦屋書店


KADODE記事一覧

KADODE

KADODEは「作品や表現の価値を高め、ファンと一緒に末長く愛される作品を残していくこと」を実現していく福岡のクリエイターエージェンシーサービスです。 「突き抜けた才能を、世界とつなぐ」をミッションに活動しています。


関連記事一覧